ブログ

雪の重みで雨どいがゆがんだときも火災保険でカバー

強風で屋根瓦がゆがんだときも火災保険で補償してもらえます

これまでに火災保険や地震保険による補償が受けられた事例をご紹介していますので、「自分の家の場合は適用されるのか」「この前外壁にひび割れを見つけたのだが、保険を申請できるのか」など、保険適用について知りたいときの参考にしていただけます。例えば、雨どいが雪による重みでゆがんでしまったときも、火災保険が修理代を補償してくれましたが、雨どいや屋根のように高い所にある設備は、お客様自身でその状態をチェックするのは大変危険です。

プロにお任せいただければ、ドローンなどを使って安全かつ的確に調査いたします。

  • kouji_ie_kaitai

    その解体ちょっと待った!解体前に保険申請し...

    2021/05/11
    その解体作業ちょっと待った✋‼️ 本日は解体をお考えの方、建て替えをお考えの方必見です‼️ ずばり率直に言うと、 「火災・地震保険をしっかり活用してから 建物を壊しましょう! 」 ということて...
  • IMG_0188

    ドローン調査のメリット

    2021/05/07
    ドローンで調査することにより、 屋根に登る必要がないので安全です。ハシゴをかけたことによって自分が知らない間に雨樋がへこんでいた、などお客様から聞いたことがあります。ドローンでは上ることな...

NEW

  • 塗装の施工例

    query_builder 2021/10/22
  • 地震の被害は大丈夫ですか!!

    query_builder 2021/10/08
  • 火災保険の具体的な例

    query_builder 2021/10/01
  • 火災保険の対象って?

    query_builder 2021/09/13
  • 初めまして(^^)どうぞよろしくお願い致します!

    query_builder 2021/09/07

CATEGORY

ARCHIVE

建物を所有している限り、払い続けている火災保険や地震保険をお客様が有効に活用していただけるようにお手伝いしていますので、「建物建築から7年ほどたっているので、そろそろどこかにトラブルが起こってもおかしくない」「外壁が傷んできたのでそろそろリフォームしようと思っていた」など、建物の修繕をご検討でしたらまずは修理会社を探すのではなく、保険が適用されるかどうかお調べすることをご提案します。

火災保険や地震保険と聞くと、文字通り火災や地震による被害しか補償してくれない印象を持たれる方が多くいらっしゃいますが、実は火災保険や地震保険がカバーする範囲は広く、それを知らないと本来適用されるはずのトラブルをお客様の自費で修繕することとなります。特に、屋根など高いところにある設備は、劣化や損傷に気が付きにくく損傷箇所の発見が遅れがちとなるため、早めにご相談いただくことで小さなトラブルも見つけ出します。