ブログ

雪の重みで雨どいがゆがんだときも火災保険でカバー

強風で屋根瓦がゆがんだときも火災保険で補償してもらえます

これまでに火災保険や地震保険による補償が受けられた事例をご紹介していますので、「自分の家の場合は適用されるのか」「この前外壁にひび割れを見つけたのだが、保険を申請できるのか」など、保険適用について知りたいときの参考にしていただけます。例えば、雨どいが雪による重みでゆがんでしまったときも、火災保険が修理代を補償してくれましたが、雨どいや屋根のように高い所にある設備は、お客様自身でその状態をチェックするのは大変危険です。

プロにお任せいただければ、ドローンなどを使って安全かつ的確に調査いたします。

  • bateteiruonnnanoko1

    夏と言えば、台風対策を忘れずに❕台風被害例

    2022/06/30
    梅雨が明けてから急に真夏になりましたね☀(;^_^A8月の暑さが怖いです…👻特に関東、四国、九州では、気象庁や環境省から熱中症の注意喚起を行っています。リライズスタッフも調査や工事が外なので、熱中...
  • 144131

    地震保険申請と塗装工事について

    2022/06/07
    前回のブログで塗り替える前に地震保険の申請をしたほうがいいですよ、と軽くお話ししましたが…今回はもっと深堀していきたいと思います👍塗り替える前に地震保険の請求はお済ですか❓地震保険というと、...

NEW

  • query_builder 2022/07/29
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2022/08/01
  • 夏と言えば、台風対策を忘れずに❕台風被害例

    query_builder 2022/06/30
  • 地震保険申請と塗装工事について

    query_builder 2022/06/07
  • マンション外壁塗装シュミレーション②

    query_builder 2022/05/19

CATEGORY

ARCHIVE

建物を所有している限り、払い続けている火災保険や地震保険をお客様が有効に活用していただけるようにお手伝いしていますので、「建物建築から7年ほどたっているので、そろそろどこかにトラブルが起こってもおかしくない」「外壁が傷んできたのでそろそろリフォームしようと思っていた」など、建物の修繕をご検討でしたらまずは修理会社を探すのではなく、保険が適用されるかどうかお調べすることをご提案します。

火災保険や地震保険と聞くと、文字通り火災や地震による被害しか補償してくれない印象を持たれる方が多くいらっしゃいますが、実は火災保険や地震保険がカバーする範囲は広く、それを知らないと本来適用されるはずのトラブルをお客様の自費で修繕することとなります。特に、屋根など高いところにある設備は、劣化や損傷に気が付きにくく損傷箇所の発見が遅れがちとなるため、早めにご相談いただくことで小さなトラブルも見つけ出します。